メニュー

虫歯を予防しよう!

どうして虫歯になるの?

虫歯は細菌による感染症であり、同時に生活習慣病でもあります。
虫歯ができる機序について簡単に解説します。

 as図に虫歯をつくる3つの因子が描かれています。

・・・歯がなければ虫歯にはなりません。
砂糖・・・虫歯菌のエサになります
むし歯菌・・・中でもおもにミュータンス菌などが虫歯発生に関与しています

 

 それでは3つの因子はどのように関わり合っているのでしょうか。
わたしたちの歯の表面では常に脱灰(*)再石灰化(*)が起こっています。
そのバランスが崩れると虫歯が発症してしまうのです。

  • 脱灰・・・細菌が酸をつくり出し、エナメル質の表面にあるカルシウムイオンなどを溶かします。すると歯の結晶構造が崩れます。
  • 再石灰化・・・歯のまわりが酸性から中性になると、溶け出したイオンが再び取り込まれ、結晶化します。
脱灰を促進するもの
細菌
ミュータンス菌

ミュータンス菌

ヒトの口のなかには300種類以上の細菌が存在し、さらにプラーク1mg中には約1億個以上の細菌が存在するといわれています。
その中でも、ミュータンス菌などが主な虫歯の原因菌とされています。
それは、歯を溶かす酸を作る力が強い、歯によく吸着するなどの性質があるためです。

糖分

三大栄養素のひとつである糖質は、甘い物だけでなく、ご飯やパンなどさまざまな食品に含まれています。
ミュータンス菌は、糖質のなかでも特に砂糖(ショ糖)を取り込んで、酸をつくり、脱灰を促進します。
また、砂糖は歯に吸着する物質(不溶性グルカン)をつくるもとにもなります。

再石灰化を促進するもの
唾液

唾液の最大の働きは、食事後の酸性になった口の中の環境を中和してくれることです。
これを唾液の緩衝作用といいます。
他にも、食べかすや細菌を洗い流してくれる洗浄作用や、細菌の発育を抑制する抗菌作用、タンパクにより歯を保護する作用など、唾液は実にさまざまな働きをして、私たちを虫歯や歯周病から守ってくれています。

フッ素
yobouphoto01

フッ素が配合されたいろいろな製品

脱灰してしまったエナメル質の周囲にフッ素が存在すると、再石灰化が促進され、より結晶性の高い歯質になるといわれています。
また、ミュータンス菌の発育を抑制したり、酸の生成を阻害するといった作用もあります。

このようにエナメル質の脱灰を促進する因子には、食生活や歯みがきなど、普段の生活習慣が大きく関わっています。
そのため、虫歯は生活習慣病でもあると言われているのです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME